ホーム > おすすめコース > 健康に、健やかに、幸せのご利益巡り > 色鮮やかな花々に心安らぐ 花で心を癒す旅

色鮮やかな花々に心安らぐ 花で心を癒す旅

ここから本文です。

久米寺

自由に空を飛び回る神通力を持ちながら村娘に見とれて力を失った、という「久米仙人」の逸話が有名なお寺です。
6月から7月上旬まで楽しめるアジサイ園では、しんとした境内に咲く赤・青・白など約40種・約3,500株のあじさいが、見る人の心を和ませ、優しい気持ちにしてくれます。ため池に咲くスイレンの花も素敵です。春にはユキヤナギやツツジも美しく咲き、梅や桜とは違った癒しが得られるでしょう。久米寺

【住所】橿原市久米町502
【電話】0744-27-2470
【営業時間】9時00分~17時00分
【定休日】なし
【入場料】境内は無料(拝観料:400円)

詳細情報を見る

おふさ観音

久米寺から東へ約3キロにあるおふさ観音は、2千種類以上のバラをはじめ、四季折々のお花が楽しめる「花まんだらのお寺」です。
ご住職が「美しいお花たちによって、訪れる方々の心を少しでも安らげたい」という思いで育てているうち、現在の姿になったといいます。色とりどりの美しい花に、大きな癒しと元気をもらえます。
夏の「風鈴まつり」もおすすめ。境内に鳴り響く風鈴の音が清涼感たっぷりの癒しを届けてくれますよ。

おふさ観音

【住所】橿原市小房町6-22
【電話】0744-22-2212
【営業時間】9時00分~16時00分
【定休日】なし
【入場料】境内は無料(拝観料:300円)
【ホームページ】http://www.ofusa.jp/(外部サイトへリンク)

詳細情報を見る

藤原宮跡

おふさ観音から10分ほど歩くとたどり着くのは、かつて藤原京の中心であった藤原宮跡です。
季節ごとに美しい花が植えられ、1年を通じて花景色を楽しめますが、やはり一番の絶景は秋のコスモスでしょう。大和三山の稜線を背景に、白・ピンク・紫…その濃淡も様々なコスモスが咲き広がる様は美しく、心癒されること間違いなし!また夏には珍しい「黄花コスモス」も見られます。

当サイトの花だよりでも開花状況を公開しているので、旅の前にぜひチェックしてください。藤原宮跡

【住所】奈良県橿原市高殿町外
【入場料】無料

詳細情報を見る

橿原市昆虫館

最後はちょっと変わった所で、県下唯一の自然博物館・橿原市昆虫館。「花を見るのに、昆虫館?」と思われるかもしれませんが、この橿原市昆虫館は、他にはあまり見られない「放蝶温室」があるのが特徴です。
年間を通じて、放し飼いにした数百の蝶と様々な草花を見ることができます。カラフルな蝶たちがひらひら飛び回る姿は、花に負けない癒し効果がありますよ。
また昆虫館のすぐ近くにある香久山公園でも、春の桜や秋の美しい紅葉を楽しめます。橿原市昆虫館

【住所】橿原市南山町624
【電話】0744-24-7246
【営業時間】9時30分~17時00分(10~3月は16時30分まで)
【定休日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日。夏休み期間中の月曜日は開館)
【入場料】500円(学生400円、小人100円)
【ホームページ】http://www.city.kashihara.nara.jp/insect/index.html(外部サイトへリンク)

詳細情報を見る

花の癒しスポット

橿原神宮

橿原神宮

言わずと知れた「神武天皇の宮」の広大な神域にも四季折々の美しい花が咲きます。中でも深田池のスイレンは有名。荘厳な雰囲気の中に咲く一輪は、私たちの心を深い部分で癒してくれます。

飛鳥川

日本人なら誰しも心安らぐ「桜」を見るならここ。橿原市街を流れる飛鳥川沿いは市内有数の桜の名所です。両岸に咲き誇る桜並木を楽しんでください。耳成山公園や橿原神宮などの桜も見事です。

橿原運動公園

グラウンドやプールなどを備えた総合運動施設です。花の見所は園内のバラ園。約115種類、1370株のバラが美しく咲きます。運動がてら美しいバラを眺め、心身ともにリフレッシュ!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?