ホーム > おすすめコース > 科学と自然を満喫! > 科学と自然を家族で見て学ぼう!なるほどコース/「光」を通して橿原探訪!

科学と自然を家族で見て学ぼう!なるほどコース

ここから本文です。

普段の暮らしを見渡せば科学と自然が溢れています。何気ない事だからこそ気づかない。そこで、そんな気づかなかった事にスポットをあてて、「!」という感動溢れるコースをご提案!楽しみながら学び、経験し、いろんな発見をしてください!

ルート

橿原 橿原市立こども科学館

橿原市立こども科学館イメージ1

「歴史の街」というイメージが強い橿原市ですが、実は科学の事を楽しく学べるスポットがあるのをご存知でしたか?それが「橿原市立こども科学館」。ここは見るだけの施設ではなく、アミューズメント性を取り入れ、実際に体験して学ぶ人気スポット。パパやママだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんまでも楽しめる内容なので、家族みんなで一日ワイワイできます!学びを体験できるだけでなく、家族とのコミュニケーションにもつながり、素敵な一日を過ごせる事ができますよ。

橿原市立こども科学館イメージ2

場所はかしはら万葉ホールの地下。長いエスカレーターを下りて入場しますが、その佇まいは研究所の様な雰囲気もあります。

橿原市立こども科学館イメージ3

橿原市立こども科学館イメージ4

エントランスには科学の偉人達を紹介。その気にさせます。

橿原市立こども科学館イメージ5

入口前には車のつくりが分かる展示物が。子ども達が我先にハンドルを握ります。

橿原市立こども科学館イメージ6

地球の自転を物理的に説明する「フーコーの振り子」。大人も勉強になりますよ!

橿原市立こども科学館イメージ7

人気の「焼きつく影」のコーナーは、フラッシュ光によって壁に影が残ります。子ども達の驚きの顔はもちろんですが、大人達もおどけたポーズをとり楽しんでいました。

橿原市立こども科学館イメージ8

橿原市立こども科学館イメージ9

橿原市立こども科学館イメージ10

「光の実験室」では光に関する様々な不思議をコーナー化して体験できます。実際に見て感じて子ども達も興味津々です。

橿原市立こども科学館イメージ11

光に関する事の他にも、力の伝わり方や宇宙に関する事、電気、磁石、音に関する事などなど、たくさんのテーマに沿った展示物があり、「遊びながら学べる」空間が広がります。

橿原市立こども科学館イメージ12

橿原市立こども科学館イメージ14

橿原市立こども科学館イメージ13

橿原市立こども科学館イメージ15

橿原市立こども科学館イメージ16

先生が登場して目の前で実験を行い仕組みを分かりやすく説明。
毎回、子ども達の驚きの声があがる人気イベント「実験工房」。
※開催時間などの詳細はお問い合わせください。

橿原市立こども科学館イメージ17

橿原市立こども科学館イメージ18

ペットボトルでつくったロケットを自分で飛ばせるコーナーも人気!みんな夢中です。

橿原市立こども科学館イメージ19

宇宙飛行士のユニフォームも着れて子ども達も大喜び!

完成させた時の子どもの笑顔は最高!

完成させた時の子どもの笑顔は最高!イメージ1

夢中になって遊ぶ子ども達が自分の力で何かを完成させた時の笑顔は最高です。ただ遊ぶのではなく、一つ一つの遊びに驚きや発見、そして喜びがつまっている。実演形式の実験教室やシアタールームもあり、表情豊かな子ども達に出会えます。

橿原市立こども科学館

[住所]奈良県橿原市小房町11-5 かしはら万葉ホール地下1階
[電話]0744-29-1300
[アクセス]電車:JR「畝傍」駅より徒歩15分、近鉄「畝傍御陵前」駅より徒歩15分、近鉄「八木西口」駅から約20分/車:南阪奈道路「葛城IC」より高田バイパス経由約10分、西名阪自動車道「郡山IC」より国道24号線経由約30分 ※駐車場あり
[開館時間]9時30分~17時00分 ※入館は16時30分まで
[料金]小人(幼児・小中学生)100円、学生(高校・大学生)300円 ※30名以上で団体割引、大人410円
※障がい者減免(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳などを提示してください)

橿原 橿原神宮

第一代天皇である神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)をお祀りする橿原神宮の敷地は、なんと約53万平方メートル。そんな広大な敷地には数多くの見所がありますが、緑溢れる参道や遊苑の木漏れ日もそのひとつ。木々の間を抜ける眩
しい太陽の光を浴びながら散策すれば、時が経つのも忘れてしまうほど、穏やかで気持ちのいいひと時が過ごせます。「日本のはじまりの地」とも言われており、徒歩圏内には畝傍山をはじめ、神武天皇が眠る陵墓もあります。いにしえに思いを馳せながら散策してみてはいかがでしょうか。

橿原神宮イメージ1

橿原神宮イメージ2

風格ある第一の鳥居。ここから小気味よい砂利道の参道が続き、厳かな空気が流れます。歴史をたどる、そんな言葉がピッタリな雰囲気です。

橿原神宮イメージ3

これが外拝殿。中に入ると内拝殿が現れ、幣殿、本殿と続きます。ご利益は開運・招福、健康・延寿など。

橿原神宮イメージ4

見上げると太陽の光によって木々が影絵のようになります。自然が生むアートです。

橿原神宮イメージ5

橿原神宮イメージ6

外拝殿横には大きな絵馬。年末に替えられ、橿原神宮の風物詩です。

橿原神宮イメージ7

外拝殿の大きな絵馬の横には、多くの参拝者が願いを込めて奉納した絵馬がずらりと並びます。

橿原神宮イメージ8

橿原神宮イメージ9

敷地内にある「深田池」。周囲は整地され、橋もあります。散策したりベンチに腰かけ眺めを楽しんだりと、のどかな時間が過ぎます。冬場には水鳥の姿を見る事もできます。

橿原神宮イメージ10

橿原神宮御鎮座以前からこの地にお祀りされていた長山稲荷社。

橿原神宮イメージ11

橿原神宮イメージ12

敷地内は本当に緑が多く「橿原神宮森林遊苑」という自然公園もあり、緑を存分に満喫できます。

穏やかに優しくなれる聖地。

「日本のはじまりの地」と言われている橿原神宮は、厳かな空気と静けさが広がり「ぴりっ」と緊張感がある反面、緑が多く、のどかで優しい雰囲気も溢れ、小さな子ども達の笑い声やファミリーで手をつないで歩く姿も数多く見られます。また地元の方達にとっても憩いの場であったり、日々の散歩コースであったりとそれぞれの楽しみ方・くつろぎ方があり、橿原神宮は皆から愛されるスポットであり、どこか優しい気持ちになれる聖地と言えるのではないでしょうか。

橿原神宮

[住所]奈良県橿原市久米町934
[電話]0744-22-3271
[アクセス]近鉄「橿原神宮前」駅より徒歩約10分、近鉄「橿原神宮西口」駅より徒歩約5分、近鉄「畝傍御陵前」駅より徒歩約10分
[参拝時間]日の出から日没の間。※季節により開・閉門時間が変わります。
[駐車場]あり(有料)
[ホームページ]http://www.kashiharajingu.or.jp(外部サイトへリンク)

橿原 天岩戸神社

香具山(かぐやま)の麓にある本殿のない神社で、太陽神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)が隠れた天岩窟(あまのいわと)と言われる岩がご神体です。天照大御神は弟の須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴にたまりかねて岩戸に隠れてしまいますが、日の神が隠れた事で世の中は闇の世界になってしまいます。そこで神々は天岩戸前で踊り楽しんでいると、隠れていた天照大御神が岩戸から顔を出し、その時に天手力雄神(あめのたぢからお)が外に出してしまいました。すると世の中に再び光が入り、明るくなったといわれています。またご神体周囲の竹には、毎年新しい竹が7本育つ代わりに、別の7本が枯れてしまうという「7本竹の不思議」も伝わります。

天岩戸神社イメージ1

竹林に囲まれ、ひっそりと佇む神社。竹林からの木漏れ日がきれいで、神秘的な雰囲気も漂います。

天岩戸神社イメージ2

大通りから入ると道も細くなり、少し不安になるかもしれませんが、案内板も目に入りやすい位置にあるので大丈夫!

天岩戸神社イメージ3

細い通りをすり抜けるように歩いて行くと燈籠が見えてきます。

天岩戸神社イメージ4

こじんまりとした神社は入口もこじんまり。
身長173cmの取材担当者が鳥居をくぐる時、しめ縄が頭に触れるほどでした。

天岩戸神社イメージ5

拝殿までの道のり。草木の匂いが懐かしさが。「知る人ぞ知る」的な雰囲気です。

天岩戸神社イメージ6

拝殿内には絵が飾られていて、自由に見る事ができます。

天岩戸神社イメージ7

拝殿の裏にまわると、お祀りする岩が姿を現します。

天岩戸神社イメージ8

これが天照大神が隠れたとされる天岩戸であり、ご神体となります。
太陽の光が差し、厳かに{天岩戸}が浮かびあがります。

名勝香久山の麓にある神秘的な神社

名勝香久山の麓にある神秘的な神社イメージ1

細い道を抜けると、天岩戸神社が静かにそのお姿を現します。多くの緑に囲まれ、自然の匂いと太陽の日差しが気持ちいい境内の奥に、ご神体となる天照大神が隠れたとされる天岩戸が祀られています。ここに来て感じるのはその歴史。当時の面影を残すかのような厳かな雰囲気と、竹林から差す太陽の光で天岩戸が幻想的な風景に浮かぶ姿は、神秘的で壮大な大和の歴史をイメージさせます。

大和三山の一つ、香久山の麓に神社はあります。
香久山は200mにも満たない小さな山で登る事もできますので、参拝後にぜひ挑戦してみてはいかがですか?

名勝香久山の麓にある神秘的な神社イメージ2

天岩戸神社

[住所]橿原市南浦町772
[アクセス]近鉄「耳成駅」から徒歩約27分、コミュニティバス「南浦町」下車約5分
[拝観料]無料
[駐車場]なし

磯城郡田原本 鏡作神社

三種の神器である八咫鏡を鋳造した石凝姥命(いしこりどめのみこと)をお祀りする神社で、鏡の製造時に使われたとされる鏡石や木漏れ日がキラキラ光る水面の鏡池があります。光を集める事ができる鏡には太陽のパワーが宿るともいわれ、神秘的で神様の元に通じる尊いものではなかったのではないでしょうか?

鏡作神社イメージ1

鋳鏡を洗い清めたといわれる鏡池。
水面には空や木々が反映されキラキラと輝いています。

鏡作神社イメージ2

鏡池から出土した「鏡石」。鏡の製造工程のおいて使われたものでしょうか?

鏡作神社イメージ3

入口の鳥居から拝殿までの参道は一直線。
緑が茂り幾分涼しさも感じます。

鏡作神社イメージ4

参道の途中にはベンチもあり、日陰で一休みする事もできます。

鏡作神社イメージ5

本殿3社と2つの合間から成る本殿。朱塗りの三間社春日造で、堂々としたお姿を見せてくれます。

鏡作神社イメージ6

神社の横には近くを経由していた中街道(下ツ道)の案内板があり、田原本界隈をより楽しめるモデルコースも掲示されています。

鏡作神社イメージ7

国道沿いには案内板もあるのでとても分かりやすいです。

鏡作神社イメージ8

拝殿の右奥には摂社である鏡作坐若宮神社があります。

揺れる水面に、どれだけの歴史を写したのでしょうか

揺れる水面に、どれだけの歴史を写したのでしょうかイメージ1

入口の鳥居から拝殿までの参道は長い直線が続きます。緑が眩しく、木々の隙間から光も入り、木陰では涼しく感じる事もあるほどです。拝殿に向かうまでに鏡池や鏡石を見る事ができ、鏡池では優しくキラキラ光りながら木々の姿や空を写しています。お祀りする石凝姥命(いしこりどめのみこと)が八咫鏡を鋳造した事から鏡づくりの神として信仰を集める鏡作神社、日本神話の時代から多くの歴史をその水面に写して来た事でしょう。

鏡作神社

[住所]奈良県磯城郡田原本町八尾816
[アクセス]近鉄「田原本」駅下車 北へ徒歩20分
[拝観料]無料
[駐車場]あり(無料)

ちょっと寄り道

甘樫丘展望台(明日香村)からの夜景

日本書紀にも記述される甘樫丘からは、街灯りが揺らぐ大和の地と黒く浮かぶ大和三山を見渡す事ができます。公園内は整備されており所どころに足下灯もあるので安心。まだ空がうっすらと明るい夕方が神秘的に見えるのでおすすめ。大和の街並と歴史を光が彩る絶景スポットです。

甘樫丘展望台(明日香村)からの夜景イメージ1

このエントリーをはてなブックマークに追加

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?