ホーム > イベントカレンダー > すももの荒神さん

ここから本文です。

すももの荒神さん

奈良県三大荒神のひとつで、火難よけ、交通安全を願う祭りです。
橿原市では最も早い夏祭で毎年6月28日に行われます。すももの収穫される季節に行われるので、「すももの荒神さん」と言われています。
正蓮寺大日堂(橿原市小綱町)に安置されている荒神像を橿原市小綱町飛鳥川堤の小さいお堂に運び入れ、出開帳します。夕方、入鹿神社(橿原市小綱町)の宮司を呼んで祭典が行われます。
お祭りは、小綱町飛鳥川堤の三宝大荒神遺跡で行われます。(正蓮寺で行われませんのでご注意ください。)
その日のうちに荒神像は大日堂に戻されます。浴衣で参拝すると厄除けになると伝えられています。
地域に伝えられる話では、遥か大昔に大洪水に見舞われたが、荒神さんの地だけが残り、そこからちいさな荒神像が見つかったということです。この木彫りの荒神像は、三面六臂の姿をしています。小綱町では霊験あらたかなご神体として大切に守られています。

奈良県の三大荒神
橿原市小綱町「三宝大荒神」
桜井市笠「笠山三宝荒神」
吉野郡野迫川村「立里(たてり)荒神」

基本情報

名称

すももの荒神さん

開催場所

橿原市小綱町

開催期間

  • 平成29年6月28日(水曜日)

アクセス

アクセス方法

八木西口駅から徒歩約2分
大和八木駅から徒歩約10分
JR畝傍駅から徒歩約10分

このエントリーをはてなブックマークに追加

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?