ここから本文です。

紫陽花

アジサイ アジサイ 平成24年6月12日

七変化とも呼ばれるように、梅雨空に鮮やかな花を咲かせ私たちの目を楽しませてくれるアジサイは、古くから 「紫陽花(あじさい)の 八重咲く如く 弥つ代にを いまわが背子 見つつ偲はむ」 と万葉集にも詠われています。
有名なエピソードとして江戸時代に、長崎にいたオランダ人医師シーボルトがこの花を好んでおり、妻である楠本 滝(くすもと たき)の愛称である「おたきさん」にちなんでアジサイの学名に「オタクサ」と名づけて紹介したというものがあります。
久米寺では、6月の第3日曜日に「あじさい祈願」が行われます。
境内いっぱいに咲くアジサイは約40種、3,500株が一般公開(有料)されます。

時期

6月初旬~7月初旬

場所

久米寺(外部サイトへリンク)

アクセス

奈良県橿原市久米町

近鉄

橿原神宮前駅

徒歩

約6分

近鉄

橿原神宮西口駅

約11分

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?