ホーム > 平成29年春の神武祭 > ライトアップ×奉納竹アート「金鵄」

春の神武祭

ここから本文です。

ライトアップ×奉納竹アート「金鵄」

天から舞い降りて金色の輝きを放ち、神武天皇を勝利に導いたというトビ、「金鵄」。竹アーティスト三橋玄が巨大な金鵄を奉納制作します。

日時

  • 平成29年4月7日(金曜日)から9日(日曜日)まで
  • ライトアップは18時00分から20時00分まで

 

ライトアップ

画像はイメージです。

奉納竹アート

画像はイメージです。

会場

  • ライトアップ 橿原神宮一の鳥居~橿原神宮外拝殿前
  • 奉納竹アート 橿原神宮外拝殿前

作家紹介

作家 三橋 玄(みつはし げん)
1972年、東京生まれ。鳥取大学農学部 卒業。
中国シンジャン、チベット、ネパールなどの辺境やインド、タイ、ヨーロッパ、北米… 放浪の旅を経て、作家活動に入る。
 2005年から竹を使った巨大造形の制作を始め、人間と自然の関わり方をテーマとすることが多くなる。
「フジロックフェスティバル」(新潟)や「渚音楽祭」(東京)など 大規模な野外音楽フェスティバルや、「アースデイ東京」など多くの屋内外イベントでの造形を手掛ける。
 竹林整備とその際に出る竹資源の広範囲な利用のための研究と実践にも取り組む。また竹を入口に、日本の文化、精神、思想、身体観、歴史などへの探求が拡がり、職人、芸術家、文人、研究者などのネットワーク構築にも参加している。2011年東日本大地震と福島原子力施設の事故により関東を離れ、 関西へ拠点を移す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?