ホーム > お知らせ > 講演会(12月4日)のご案内

ここから本文です。

講演会(12月4日)のご案内

ご好評につき、定員に達しましたので募集を終了します。

タイトル

リニューアルオープンした奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の見所案内

内容

「目で見る日本の歴史」をテーマに掲げる奈良県立橿原考古学研究所附属博物館は古代日本の中心地であった奈良県の遺跡から出土した資料を中心に展示している国内屈指の考古学の博物館です。2018年12月下旬から施設改修のため休館していました。改修工事を終え、2021年11月にリニューアルオープンすることを記念して、橿原考古学研究所附属博物館の研究員が博物館の見所、楽しみ方について紹介します。

鞍金具 後輪【国宝】/藤ノ木古墳

講師

奈良県立橿原考古学研究所 企画学芸部学芸課 学芸係長 青柳 泰介 氏

1968年札幌市生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了。1994年4月、奈良県立橿原考古学研究所に入所。2018年から附属博物館に勤務。専門は日本考古学。最近は、馬の骨や木端などの考古学者が顧みない遺物に関心がある。

会場

ウィンクあいち(愛知県産業労働センター)13階会議室C1307

愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38

アクセスについて(外部サイトへリンク)

日時

令和3年12月4日(土曜日)
午前の部:11時~12時30分
午後の部:14時30分~16時

※午前・午後とも同じ講演内容です。

参加費

無料

申込方法等

 ※締め切り12月1日(水曜日)

 ※定員各回30人(先着)

 ※定員に達し次第、受付を終了いたします。

 

お問い合わせ

一般社団法人橿原市観光協会  

奈良県橿原市今井町2丁目3-5(今井まちなみ交流センター内)

電話番号:0744-20-1123

ファックス番号:0744-23-0223

メールアドレス:info@kashihara-kanko.or.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?