ここから本文です。

正蓮寺大日堂

正蓮寺大日堂

正蓮寺大日堂

乱世の中、30年かけて建てられた寺院

国指定の重要文化財です。建造形式は、桁行三間、梁行三間、一重、寄棟造、本瓦葺。
もとは佛起山(ぶっきざん)普賢寺(ふげんじ)と言われていましたが、明治の廃仏毀釈により普賢寺が廃絶することとなり、正蓮寺(しょうれんじ)に管理が引き継がれました。
大日堂(だいにちどう)は、文明十年(1478年)の上棟札があり、完成したのは文明十七年ですが、康正二年(1456年)から文明十七年(1485年)の墨書なども発見されており、完成までの間約30年の歳月が要していたと考えられています。これは、おそらく応仁の乱の動乱期の影響とも思われます。室町時代の小規模な仏堂としてはとても貴重です。
本尊の大日如来坐像は、鎌倉時代の作とされ、国の重要文化財に指定されています。

基本情報

所在地 奈良県橿原市小綱町
ホームページURL 正蓮寺大日堂・入鹿神社公式ホームページ(外部サイトへリンク)
交通・アクセス 近鉄八木西口駅 徒歩約7分
近鉄大和八木駅 徒歩約9分
JR畝傍駅 徒歩約12分
備考 歳時記 7月15日 大日さん
本尊である大日如来の命日が7月15日であることから、夏の大祭が行われます。

周辺地図

関連イベント

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?