ここから本文です。

高木家住宅

高木家住宅

高木家住宅

高木家住宅

保存のよい、幕末期の上層町家

中尊坊通りの東端にあります。
切妻造、本瓦葺の2階建てで、1階、2階共2列6室型の部屋となっています。主屋の西側に塀と門が設けられており、そこからみせおくの裏を通り、仏間、ざしきに上がれるようになっています。これは、武士用の玄関として用いられたそうです。2階は土間の一部を除き、全体が部屋であって、畳を敷き棹縁(さおぶち)天井を張って居室としています。当家は保存もよく、幕末期の上層町家の好例です。
また、江戸時代の生活用具や火縄銃なども展示しており、座敷に上がって見ることができます。

基本情報

所在地 今井町1丁目
時間 不定期(見学可能時掛札有り)
料金 300円
備考 建築年代:19世紀中頃

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?