ホーム > 観光スポット・施設検索 > 旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)

ここから本文です。

旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)

旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)

旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)

現在はウエディングレストラン

国道165号線沿い、JR畝傍駅からすぐ西に位置する旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)があります。
橿原市で初めての登録有形文化財で、昭和3年竣工、設計は元奈良県技師・舟橋俊一です。
奈良県南部の現存する最古の鉄筋コンクリート造の1つです。今は、近代建築の優美さと重厚なたたずまいで、周囲の建物とは異なり道行く人たちの目をとめます。
六十八銀行は旧郡山藩主柳沢保申が明治12年(1879年)に提唱した国立銀行です。その後、昭和9年(1934年)になって、吉野銀行、八木銀行、御所銀行と六十八銀行は合併し、現在の南都銀行となりました。
昭和38年(1963年)からは和歌山相互銀行橿原支店(後に改組により、和歌山銀行橿原支店)として使用されていましたが、支店統合で橿原支店消滅となりました。一時は、映画館であったこともありますが、現在はウエディングレストランとして活用されています。

基本情報

所在地 奈良県橿原市八木町
ホームページURL 旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)(外部サイトへリンク)
交通・アクセス 近鉄畝傍駅 徒歩約4分
近鉄八木西口駅 徒歩約5分
近鉄大和八木駅 徒歩約10分

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?