ここから本文です。

JR畝傍駅

JR畝傍駅

舎内に皇族のための貴賓室が設けられている

県下の鉄道は明治23年に奈良~大阪間が開通し、明治26年に王寺~桜井間が通じました。
天皇家の畝傍御陵参拝のためにつくられました。
当時、畝傍駅の近辺は賑やかになり、井戸ノ辻から西に町役場、警察署、銀行、旅館が立ち並びました。明治32年の年間乗降客は、約19万人の利用があったということです。
現在の駅舎は、昭和15年の橿原神宮紀元2600年祭式典にあわせて造られました。
貴賓室も備えていますが、現在は貴賓室の公開はしておりません。

基本情報

所在地 奈良県橿原市北八木町
交通・アクセス 近鉄八木西口駅 徒歩約5分
近鉄大和八木駅 徒歩約10分

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?