ホーム > 観光スポット・施設検索 > 谷家、谷三山について

ここから本文です。

谷家、谷三山について

谷家、谷三山について

幕末の儒者「谷 三山(たに さんざん)」

「谷家」
幕末の儒者 谷三山(たに さんざん)の生家が残っています。

「谷三山(たに さんざん)」
江戸時代の後期の儒者。享和2年(1802年)生まれ。慶応3年(1867年)没。
通称 新助、のちに昌平と改める。三山は号、別号は、淡庵、淡斎、釈斎。
八木村(現在の八木町)の米屋などを営んだ商家倉橋屋に生まれましたが、幼い頃目と耳を患い、聴力を失いました。ある時、兄の厚亭から小説の無稽を揶揄され、発奮して三山は、独学で正史経学に励み、兄とともに京都に遊学し、猪飼敬所(いかい けいしょ)に学びました。
その後、私塾「興譲館」を開き多くの師弟を指導していましたが、これが高取藩に認められ士籍を与えられ藩儒となり、教学を広め、尊王攘夷を説きました。
三山の卓越した学識を認めた頼山陽(らいさんよう)や吉田松陰など幕末の知識人とも親交があったということです。

基本情報

所在地 奈良県橿原市八木町
交通・アクセス JR畝傍駅 徒歩約10分
近鉄八木西口駅 徒歩約11分
近鉄大和八木駅 徒歩約15分
時間 見学はできません。

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?