ここから本文です。

法然寺

法然上人霊蹟25霊場の第11番札所

香久山(かぐやま)少林院(しょうりんいん)法然寺(ほうねんじ)、浄土宗。
表門・本堂・鐘楼・客殿・庫裡(くり)・墓地があって、境内はかなり広く、客殿座敷に面して、香具山(かぐやま)を背景に美しい庭園があり、この地方には珍しい名園です。
法然寺(ほうねんじ)は鎌倉時代の初めごろ、法然上人が高野から「橘寺」(たちばなでら)を経て御帰還の途上、この地に巡錫(じゅんしゃく)され、この地に少林院(しょうりんいん)を開いて念仏化導の道場とされました。その後、知恩院(ちおんいん)第26代歓蓮社保誉源派上人(日野大納言豊光卿のご令息)が隠居され、寺号を法然寺と称するようになりました。現在は、法然上人霊蹟25霊場の第11番札所になっています。

基本情報

所在地 奈良県橿原市上飛騨町
交通・アクセス 近鉄耳成駅 徒歩約28分
コミュニティバス南浦町 徒歩約6分

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?