ここから本文です。

軽寺跡

軽寺跡

軽寺跡

軽寺跡

蘇我稲目(馬子の父)の時代の大寺

現在は法輪寺と傍に春日神社があります。国道169号線の東側、丸山古墳が築かれた丘陵頂部の北側で大軽町の集落に位置します。出土瓦から飛鳥・藤原京時代の創建と考えられ、「日本書紀」朱鳥元年(686)8月の条に「桧隈寺、軽寺、大窪寺それぞれに30年を期限として寄進する」との記事があります。法輪寺境内に金堂及び講堂と推定される土壇を残すのみで、土壇の位置や地形から法隆寺式ではないかと考えられています。寺域は法輪寺本堂のある丘陵の一部が周辺2m~3mほど際立っており、寺域が及んでいた可能性があります。軽寺の“軽”という文字は大寺の名前によく使用されるほどで、寺域の推定は南北140m以上、東西65m程の大寺であったようです。また境内には第15代天皇応神天皇の『軽島豊明宮跡(かるしまとよあきらのみやあと)』の伝承地とされており碑が立っています。

基本情報

所在地 奈良県橿原市大軽町
交通・アクセス 近鉄橿原神宮前駅より東南へ徒歩約10分

周辺地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?