橿原で元気の充電しよう!

ここから本文です。

誰もが「たまには息抜きしたい」と思う時があるはず。そんな時は橿原で「元気の充電」しませんか?
今回は心もカラダも元気になるスポットをタイプ別にご紹介!大切な人、家族、友達…
みんなで楽しく過ごしてリフレッシュしてください!

のんびりとしたひと時を楽む、心安まるスポット!

おふさ観音

おふさ観音

■所在地/奈良県橿原市小房町6-22 ■電話/0744-22-2212 ■開館時間/午前9時~午後4時 ■拝観料/300円※イベント開催時も拝観料は同額 ※20名様以上で団体割引(1割引)がございます。■駐車場/あり(無料) ■アクセス/近鉄八木西口駅より徒歩約13分、JR畝傍駅駅より徒歩約8分、コミュニティバス「かしはら万葉ホール」より徒歩約5分
■ホームページ/http://www.ofusa.jp(外部サイトへリンク)

お寺の正式名は「高野山真言宗別格本山観音寺」。本尊の十一面観音は健康の神様と言われていましたが、今では厄除け、子授け、長寿、老人病封じを願う人々も訪れるようになり、大和ぼけ封じ霊場会の札所にもなっています。また風物詩となるバラまつり(春:5月15日~6月30日、秋:10月19日~11月30日)や風鈴まつり(7月1日~8月31日)では連日多くの方が訪れ、おふさ観音の様々な魅力を楽しまれます。

訪れる全ての人の心に残るお寺に。

「来てくださる全ての方が元気になる」お寺を目指すおふさ観音は、一人でも家族でも、カップル、友人とでも楽しくお参りできる魅力が溢れます。4,000種類を超すバラや優雅で心地のいい音色を奏でる風鈴、ブルガリアから輸入するバラシロップでつくられたバラジュースなど、お参り後もゆったりできる空間があります。また朱印帳を持って来られる方が多い事から、バラまつり、、風鈴まつり、年初めにはオリジナルデザインの御朱印を限定で用意。通年用として住職自らが描く子供の絵柄「童心」などもあり、コレクションを楽しむ方も少なくありません。もともとは健康の神様である十一面観音がご本尊ですが、今では健康だけでなく厄除け、子授け、長寿、老人病封じの祈願に訪れる方も増え、大和ぼけ封じ霊場会の札所にもなっています。人を思い、人に優しいおふさ観音で、ほっこりとした雰囲気に癒されてください。

御朱印

御朱印

左から風鈴(7月~8月)、バラ(5月~6月末、10月19日~11月)、亀(1月~4月末)をはじめ、住職が描く子供柄「童心」のご朱印など、親しみのあるデザインが人気です。

季節に応じて様々なご朱印を限定で用意。幾度と足を運びたくなります。

バラまつり
バラまつり

風鈴まつり
風鈴まつり

境内の奧にある、くつろぎの空間 ~茶房おふさ~

大正4年に建てられた御殿造りの茶室は、今では「茶室おふさ」として多くの人に愛されており、赤い絨毯が敷かれた落ち着きのある茶房からは、奈良公園の立案者でもある前部重厚氏が補修・監督した円空庭や、大きな鯉が優雅に泳ぐ「鯉の池」が望め、四季の移り変わりと「和の美」を堪能できます。

茶房おふさ

茶房おふさ

庭園を眺めながら、優しい甘さのバラジュースをいただくひと時は格別。軽食などもあり、心ゆくまでくつろげる空間です。

みんなの笑顔を見ると、きっとまた来たくなる

橿原市昆虫館

橿原市昆虫館

■所在地/奈良県橿原市南山町624 ■電話/0744-24-7246(FAX/0744-24-9128) ■開館時間/開館:4月1日~9月30日9時30分~17時00分(入館16時30分まで)、10月1日~3月31日9時30分~16時30分(入館は16時00分まで) ■休館日/月曜日(祝の場合翌日/GW、夏休み期間中は無休)、年末年始(12月28日~1月2日) ■入館料/大人:510円(30~99名の団体450円、100名以上の団体350円)、学生:410円(30~99名の団体360円、100名以上の団体280円)、子供:100円(30~99名の団体90円、100名以上の団体70円) ■駐車場/あり(無料) ■アクセス/近鉄大和八木駅からバス約30分※橿原市コミュニティーバス「昆虫館行」
■紹介サイト/https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/(外部サイトへリンク)

昆虫館では自然に近い形で昆虫を展示する事で、昆虫たちの生態から見る事ができ、大人でも初めて見る事や聞く事ばかり。また館の大きな魅力の一つ放蝶温室は、四季を通して蝶が優雅に舞う姿が楽しめるよう室内温度を調整しており、歩いていると肩や頭に止まる蝶の姿に驚きと笑いの声が。日頃、なかなか自然を楽しむ事が少ないからこそ普段にない楽しさが満載の博物館で、自然の素晴らしさや魅力を再確認しませんか。

『見て・聞いて・触って・感じる』をテーマにした自然史系博物館

自然の中で暮らす昆虫の姿や、人とのかかわりなどを1000 点を超える昆虫標本や化石標本、蝶が舞う放蝶温室で楽しめ学べます。またセミナーや特別展なども開催し、「生き物とのふれあい」や自然をより身近に感じる事ができるのも大きな魅力。お子様から大人までみんなで一日楽しめる施設です。

自然史系博物館

自然史系博物館

自然史系博物館

子供も大人も楽しめる公園!

昆虫館の横には様々な昆虫をモチーフにした遊具が並ぶ香久山公園があり、連日子供たちの楽しそうな笑い声が聞こえます。桜や紅葉も楽しめたり近くに香久山があるので、散策の一休みの場として大人にも人気です。
詳しくはこちら「香久山公園

香久山公園

香久山公園

ぶらり街並散策も癒されます

1つのスポットでゆったり楽しむのも格別ですが、ぶらり散策して大和の歴史を感じるのも贅沢な時間の過ごし方。街並やスポットを見て回れば、歴史が生む穏やかな空気が気持ちいいですよ。

下ツ道(八木町)

下ツ道(八木町)

「日本書紀」に登場する下ツ道と、東西に伸びる伊勢街道(横大路)が交わる一帯で栄えた町で、交差点にある当時旅籠屋だった「東の平田家(市指定文化財)」は現在、「八木札の辻交流館(見学無料)」として、多くの人に八木町の歴史を発信し続けています。
詳しくはこちら「下ツ道(八木町)

今井町

今井町

江戸時代の街並の名残が色濃い今井町は、ドラマやTVCMの撮影にも使われるほど。町中には多くの伝統的建造物があり、町全体で歴史とその価値を感じる事ができます。カフェや資料館などもあり一日かけて楽しみたいスポットです。
詳しくはこちら「今井町

藤原京跡朱雀大路跡

藤原京跡朱雀大路跡

日本初の都となる藤原京は平城京や平安京をしのぐ古代最大の都でした。今では菜の花やコスモス、キバナコスモス、ハスなどの花々が植えられ、訪れる人の目を楽しませてくれます。近くには橿原市藤原京資料室もあり「見て楽しめ学べる」スポットです。
詳しくはこちら「藤原京跡朱雀大路跡

寄り道すれば、もっと楽しい!~周辺スポットご紹介!~

まほろばキッチン

まほろばキッチン

地元農産物の直売所にレストラン、フードコート等が併設。大和の美味しさを楽しめます!
詳しくはこちら「まほろばキッチン

あすか夢の楽市(明日香村)

あすか夢の楽市(明日香村)

明日香村でつくられたお野菜や果物、手づくり加工品が揃う販売所。新鮮で美味しい商品は売切れになる事も!
詳しくはこちら「あすか夢の楽市

このエントリーをはてなブックマークに追加

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?